(初心者)サーブの基本形フォームを覚えましょう!!

今回の記事ではテニスのサーブについてお話していきたいと思います!

初心者の方、もしくは中級者くらいまでのレベルの方は参考にしていただければと思います!

実際にボールを使ってサーブする前にフォームだけ素振りしてイメージできるようになりましょう!

グリップについて

まず前提としてお伝えしなければならないのはサーブの際のグリップ(持ち方)ですね。

基本的には持ち方によってスイングを少し変えないといけません。

なので僕のお話しするグリップと違ってしまいますと、伝えている内容が不十分に伝わってしまいますのでご了承ください!

コンチネンタルグリップで持つ

基本的にはサーブはコンチネンタルグリップで持ちます。

持ち方がわからない方は検索するとすぐにわかるでしょう!

初心者にとっては前腕を内側に回す動作(回内動作)が出来ないと当たりの悪いサーブになりがちなのでフォアハンドイースタングリップ寄りに持ち替えてもいいと思います(最初のうちは)

フォームについて

ではフォームについてみていきましょう!今回は右利きでの説明になります!!

これから以下の説明では用語が出てきますので↓

正しいラケットワーク編~

↑こちらのリンクで細かい用語の解説をしていますからわからない用語が出てきたらご覧ください!

レディーポジション

サーブ時の一番最初の構えになります。

足のスタンスは肩幅くらいに広げて、ネット方向に対して左足が前側・右足が後ろ側にして横向を作ります。

相手レシーバーに対して左肩を見せるような形になると思います。

両腕には力を入れすぎず、リラックスをして太股の前辺りにセットします。

テークバック

テークバック(ラケットの引き方)の方法はいくつかありますが、オーソドックスな引き方を紹介します。

後方に下から大きく弧を描くようにテークバックしていきます。

ラケットヘッドが垂直になるくらいで一瞬静止しましょう。

肘の角度は90度くらいを意識しておきます。

肘が脇にくっつかないように肩と平行になるくらいまではあげておくようにしましょう。

特に初心者の方は肘が肘の位置が低くなりがちなので周りの人にチェックしてもらったほうがいいと思います。

※このタイミングで左手にあるボールをトスアップしていきます。

フォワードスイング

垂直に立ててたラケットヘッドを背中側におとします。

※このときに肘が一緒に下がってしまうとラケットヘッドがおちにくくなりますので肘はしっかり高くキープしておきましょう。

ラケットヘッドが下におちたあたりから横向きに保っていた身体(特に肩)をまわして肘を前方にもっていきます。

肘を伸ばしてラケットを頭の後ろ側から上に振り上げていきます。

インパクト

肘をしっかりと伸ばし、右肩の上+やや前方でボールをインパクトします。

今回のサーブの球種はフラット気味ですので打ちたい方向にしっかりとラケット面が向いてる様にしましょう。

インパクト時には前足(左足側)にしっかりと体重が乗るようにシフトしていきます。

フォロースルー

インパクト後はそのまま前方にむかってスイングして左足横を通過させるような意識でフォロースルーします。

肘から先におろしていくのではなく、ラケットヘッドが先に自分の身体のほうに収まるようなイメージで振っていきましょう。

フォロースルーの最後はボールを当てた側のラケット面が左に向かないようにします。

まとめ

サーブは唯一、自分のタイミングで打てるショットになりますので武器にしたいところです。

まずは相手のバックハンド側に向かってコントロールできるように練習していきましょう

サーブ練習は相手がいなくてもできるので、壁を相手にまずはゆっくり正しいフォームを覚えていくのもありだと思います!!

※実はボールをあげる動作(トスアップ)にてこずる方も多いです笑

思ったところにボールをあげれるように反覆練習しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする