上手くなる!テニス初心者のラケットの選び方(重量・フェイス面・フレーム厚・グリップサイズ・バランス)前編

%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%88%e3%82%8bhige

前回の記事

もう迷わない!テニス初心者の正しいテニスラケット(硬式)の選び方・知識

では

テニス初心者の方向けの記事になりましたが、
今回はもう少しマニアックな部分を考慮してラケット選びの参考にしてもらえればと思います。

ラケットスペック

前回の記事にも簡単に記述していましたが、ラケットのスペックには

・重量
・フェース面積(ラケット面の大きさ)
・ラケットフレームの厚さ
・グリップサイズ(グリップ部分の太さ)
・ラケットのバランス(重心)
・ラケットの長さ
・ストリングパターン(ガットの本数)
・推奨テンション(ガットを張る強さ)
・ラケットの硬さ(打球感)

があり、テニス経験者としてはこの部分を考えるようになるといいと思います。

各スペックの説明

これが全てではありませんが自分のテニスをする上で判断材料に出来ると思います。

各スペック 影響すること  
ラケットの重量 ボールの飛び 打球時の面の安定感 ボールの重さ
ラケット面の大きさ ボールの飛び 振りぬきやすさ コントロール
フレームの厚さ ボールの飛び 振りぬきやすさ 打球感
グリップサイズ 手首の可動域 打球時の面の安定感 握りやすさ
バランス(重心) 打球時の面の安定感 初動時の機敏さ ラケットの操作性
ラケットの長さ 振りぬきやすさ 初動時の機敏さ ラケットの操作性 
ストリングパターン ボールの回転量 打球時の面の安定感 コントロール
ラケットの硬さ ボールの飛び 打球感 手首・肘のケア
推奨テンション ボールの飛び・回転量 打球感 手首・肘のケア

一個ずつ説明していきます。

〔ラケットの重量]

重くする分だけボールにパワーが出ます。

打球時のラケット面が安定しやすいです。ただし、重たくなったラケットを扱える為の筋力と技術力が必要だと思います。

ちなみに、スイング中の重さの事をスイングウエイトといいますがラケット自体のバランス(重心)にも強く影響してるので重量があるラケットでも振ってみたら意外と重く感じないラケットもあります。その逆も然りです。

なので実際に振って使ってみることが大切ですね。

メーカーの中でスイングウエイトまで表記してあるのはプリンスくらいですから一般的にはラケット重量の影響は上記の事で解釈して良いというのが僕の考えです。

〔ラケット面の大きさ]

一般的に大きいほどボールは飛びますがコントロールがし難く、狭いほどボールは飛ばないがコントロールはしやすいといわれています。

これは打球時の一瞬にガットがボールに押されて、大きいラケット程ガットが大きくたわむ結果コントロールに誤差が出るようです。

あと大きいラケット程、空気抵抗があるので振りぬきやすさに影響します。

屋外コートの風の強い日でのプレーは特に感じると思います。笑

[フレームの厚さ

フレームが厚いほどボールにパワーが出ます。

イメージとしては漫画ワンピースのウソップが武器として使ってるパチンコのフレームを想像してください。笑
薄いと折れちゃいそうですよね。

全てではありませんが一般的には厚くするほどフレームは硬くなるので打球感にも影響します。

振りぬきやすさも面の大きさほど影響はないですが関係してます。

[グリップサイズ]

主に日本では「G0・G1・G2・G3・G4」がありますが、手の大きさからみると女性はG1・男性はG2が平均といわれているようです。

細いほうが手首の可動域が広がる為、柔らかいタッチやリストを最大限効かせた球を打つことが可能です。

しかし可動域が広い分、手首を変に動かしてしまう方は太くしておいたほうがいいかもしれません。

余談ですが、グリップサイズはたった3mm刻みの違いなのにそれを感じ取る手のひらの感覚ってすごいんだなぁって思います。

[バランス(重心)]

ラケットの重心が 先端より・中心付近・グリップより かどうかです。グリップから●mmのところでラケットを平行にして支えたときに釣り合うかです。

数字だけだとわかりにくいので先端が重たく感じるかどうかで判断するといいです。

先端が重たく感じるラケット(トップヘビーといいます)のほうがスイングの際に遠心力が効いてサポートしてくれます。結果ボールにパワーが出ます。

またトップヘビーのラケットはスイングウエイトが高い為、打球時の面が安定しやすいです。

しかしラケットに振り回されやすい為、テークバックなどの初動作の際に動きが遅くなりやすいともいえます。

なのでボレーヤーには不向きといわれています。

以上のスペックを意識的に気をつけるとかなり違いが出てくるのがわかると思います。

次回、後編では残りのスペックについて解説していきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする